編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
米ZDNet編集長Larryの独り言

アップル「WWDC 2019」を振り返る--プライバシー機能、ARやSwiftUIにも注目

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 編集部

2019-06-06 06:45

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は米国時間6月3日、同社の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)2019」の初日に、ハードウェアとソフトウェア、サービスというキーワードで基調講演を実施した。

 以下では、今回のWWDCで発表された内容を紹介するとともに、それらが重要である理由を解説する。なお、ソフトウェアアップデートのパブリックシード版は7月に、正式版は今秋に提供される予定だ。また、ベータ版は近々提供されることになっている。

iPadOS

 Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントであるKevin Federighi氏は、「iPad」が独自の地位を築き上げたため、「このプラットフォームを特別なかたちで評価する時がきた」と述べた。

 ここでのポイントは、iPadと、「Slide Over」や「Split View」、ドラッグ&ドロップ、ペンシルといった機能が、独自のアプローチに従ったマルチタスキングツールになっているという点だ。

iPadOS

 確かに、「iPadOS」にはUSBドライブの接続や、ダウンロードマネージャーといった、企業に歓迎されるような機能が盛り込まれている。

 ここで、マルチタスク能力の向上によって、iPadOSが最終的に「Mac」のOSに進化していくのかどうかという疑問が頭をもたげてくる。Federighi氏は今回、大きなヒントとなる発言をした。それは、iPad上で稼働する「Safari」では「デスクトップ並みのブラウズ体験」が可能になるというものだ。

 これらを考え合わせると、ノートPCの代替としてiPadをアピールするというAppleの動きがより現実的なものになったと言える。今後の疑問は、iPadOSがどこかの時点で「macOS」になるかどうかだ。

iPadOS

その重要性

 iPadOSがビッグニュースとなる理由は、それによって新たな展開の下地が整うためだ。将来的にMacのプロセッサがArmになる可能性もあるかもしれない。そういった動きはiPadOSによってはるかに容易なものとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]