編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
PDF Report at ZDNet

イノベーションのタネとしてのAR/VR、その活用実態とは

PDF Report@ZDNet

2019-07-10 07:00

 仮想現実(VR)や拡張現実(AR)、複合現実(MR)などの利用による、現実世界の変化への期待が高まっている。相称して「XR」と呼ぶこともある。

 ARやVRというとPokemon GOやGoogle Glassなどエンターテインメント色の強いイメージがある一方で、実際にはさまざまな企業がイノベーションにARやVRを活用する準備を始めている。

 JALがパイロットや整備士の育成に、MicrosoftのHololensを取り入れている例が話題になった。KDDIはスマートフォンを活用したAR観戦サービスを1月に実施した「ジャパネット杯 春の高校バレー 第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会」で提供。

 IKEAは、購入前に商品をイメージできるARアプリを開発するなど、小売業における商品選択や試着などの用途にも広く活用され始めている。

 こうした技術の特徴は、既存の業務プロセスを前提としない、イノベーションの基軸になり得ることにある。一方で、その採用が力強く進んでいるわけではないというのも実態だ。

 AR/VRの活用の行方について、情報を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]