編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBMとAT&Tがクラウドなどで複数年の戦略的提携

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-07-17 11:29

 AT&TとIBMは米国時間7月16日、両社の提携を拡大し、複数年にわたる契約を締結したと発表した。今回の提携により、AT&T Business Solutionsのアプリケーションを「IBM Cloud」上で稼働させることが可能になるという。また、IBMはAT&Tのハイブリッドクラウドインフラの管理についても支援することになるとみられる。AT&T BusinessはIBMの主要ソフトウェア定義ネットワーキングプロバイダーとなる。

 IBMはクラウドへの移行を支援するために、AT&T Businessの社内ソフトウェアアプリケーションのモダナイズを後押しする。またAT&T Businessは、Red Hatのオープンソースプラットフォームの使用を継続し、同社の社内アプリケーションに関するワークロードを管理する。

 IBMは先週、340億ドル(約3兆7000万円)を投じたRed Hatの買収が完了したことを発表している。買収は、クラウド事業をハイブリッド配備やマルチクラウド管理にフォーカスさせるというIBMの戦略の一環となる。

 AT&Tは、IBMの主要ソフトウェア定義ネットワーキングプロバイダーとして、5Gやエッジコンピューティング、IoTにかかわるIBMのネットワーキングソリューションの強化を支援していくと述べている。AT&T Businessは既にIBMの戦略的グローバルネットワーキングプロバイダーとなっている。

 またAT&TとIBMは、エッジコンピューティングプラットフォームでも協業していくとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]