編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Windows 10 1903」、スタートメニューの不具合を修正

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-10-28 10:25

 Microsoftは、「Windows 10 1903」に対する更新プログラムを予定通りにリリースし、一部ユーザーの間で発生していたスタートメニューの不具合を修正した。

 Microsoftは米国時間10月24日、「KB4522355」をリリースした。これは10月に入って3度目の、バージョン1903向け更新プログラムだ。非セキュリティの任意の更新プログラムであり、10月の月例パッチをインストール後にスタートメニューが機能しなくなる問題などに対処した。

 Microsoftの従業員が12日、「Answers」フォーラムでスタートメニューの問題に関する苦情に回答していた。Microsoftはこの問題を認識しており、10月下旬に修正をリリースする予定だとこの従業員は述べていた。

 MicrosoftはKB4522355で、「月例更新プログラムのインストール後、特定のシナリオで、スタートメニューや『Cortana』検索バー、トレイアイコン、『Edge』が応答しなくなる問題に対処」した。

 Microsoft関連の話題を扱うドイツのウェブサイト「Borncity」によると、スタートメニューやCortana、そのほかのアプリが10月の月例パッチの影響を受けたのは、「Microsoft.Windows.ShellExperienceHost」「Microsoft.Windows.StartMenuExperienceHost」「Microsoft.Windows.Cortana」「Microsoft.AAD.BrokerPlugin」の4つの組み込みシェルアプリで、「ActivationStore.dat」ファイルが欠けているか破損しているからだという。

 Borncityを運営するGBorn氏はAnswersフォーラムで読者に対して、「スタートメニュー、(Cortana)検索、Windowsシェルに大きな問題がある理由もこれで説明できる」と述べた。

 この更新プログラムは、影響を受ける人々にとって厄介な多数の問題に対処する。機能更新プログラムや品質更新プログラムのインストール後、ユーザーが初めて「Windows 10」にサインインすると黒い画面が表示されるバグも修正された。Microsoftは2週間前、これと同じ問題をバージョン1809で修正している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]