編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

モバイル版「Office」がデザイン言語「Fluent」で刷新

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-12-06 10:34

 Microsoftは「Office」の「iOS」版と「Android」版のデザインおよび機能の刷新に取り組んでいる。同社は米国時間12月5日、これらのアプリを同社の「Windows」およびウェブ向けのデザイン言語とフレームワークである「Fluent」に適合させている方法など、取り組みの一部を明らかにした。

Microsoft 365のアプリ群
提供:Microsoft

 筆者がとりわけ興味深く感じるのは、同社がMicrosoft Researchによる「マイクロ生産性(microproductivity)」の取り組みの一部を、モバイル機器の生産性に関連した成果に取り入れるべく、準備を進めているようにみえる点だ。

 Microsoft Research主任研究者のJaime Teevan氏は、1つのアクションを「マイクロタスク」に分割するという概念を提唱している。例えば、文書全体を書こうとする代わりに、1段落を書くといった具合だ。Microsoft Researchは少なくとも2015年からマイクロタスクに注力しているが、商用製品で活用するための取り組みを始めたようだ。

 Microsoftは米国時間12月5日のブログ記事で、Microsoft Officeのモバイル版にどのような形でマイクロタスクを取り込むかは明らかにしていない。唯一の言及は、以下の通りだ。

 「『Fluid』で全く新しいモバイル体験を作り出すのが楽しみだ。Fluidの動的コンポーネントはリアルタイムで更新され、協業を容易にするため、マイクロタスクを促進できる」(同社)

 「Fluid Framework」(デザイン言語のFluentと混同しないように)は、Microsoftの新しい開発プラットフォームでありドキュメントモデルで、「共有されたインタラクティブなエクスペリエンス」の提供を目指している。Microsoftは11月に、一般向けの公開プレビューと開発者向けの非公開プレビューを提供した。 Fluid Frameworkにより、ドキュメントの共同作業を高速化できるという。またアプリケーションは、絶えず更新される情報をほぼリアルタイムで処理するコンポーネントを利用できるようになる。

 さて、話をFluentに戻そう。Microsoftによると、iOSおよびAndroid向けの「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「OneDrive」をFluentで刷新した。「Yammer」「Teams」「Planner」も「間もなく」同様に刷新する予定だという。これらのアプリを「Fluent化」し、統一されたブランドカラー、ヘッダー、新しいアイコンなどを用意して、Microsoft製品のルック&フィールとiOSもしくはAndroid風の特徴を組み合わせたスタイルを適用する。

 ブログ記事によれば、40人以上のデザイナーから成るチームがモバイルUIツールキットを開発した。このツールキットにより、Microsoftのすべてのデザイナーが同じコンポーネントとFluent関連の作業を共有できる。同社のデザインチームは「モバイル生まれのFluent」も設計中であり、「デュアルスクリーン体験や、外部開発者向けのモバイルUIツールキットを開発して、共にモバイルの未来を構築していく可能性などを検討中」だという。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]