編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

阪和興業、「SAP S/4HANA」など採用--最新技術への対応力を評価

NO BUDGET

2020-01-10 14:56

 鉄鋼事業を中心とする商社の阪和興業は、SAPのERP(統合基幹業務システム)「SAP S/4HANA」、マネージドクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」、SAPのサポートサービス「premium engagements」の採用を決めた。SAPジャパンが発表した。

 阪和興業は、メーカーやサプライヤーからユーザーに至るまでのバリューチェーンの効率化に取り組んでいる。商社業界における業務プロセスの多さや今後も最新技術に対応できることなどを評価し、SAP S/4HANAの採用に踏み切ったとしている。

 阪和興業は事業規模が拡大する中で事業戦略を実現するため、グループ経営資源を効率的に活用する必要があったという。そこで、業務の簡素化や効率化を支える最新のIT基盤が必要と判断し、2018年から基幹システムの刷新を検討していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]