編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NEC、「働き方見える化サービス Plus」の提供を開始

ZDNet Japan Staff

2020-02-19 10:30

 NECとNEC ソリューションイノベータは2月19日、それぞれの働き方変革関連サービスを統合し、「働き方見える化サービス Plus」として3月1日から提供すると発表した。

 新たなサービスでは、NEC ソリューションイノベータの残業規制や職場改善、NECの業務可視化やテレワーク支援の機能を一体化した。両社によれば、企業で働き方変革の取り組みが進んだ結果、マネジメントの困難化やコミュニケーションの低下、生産性の低下といった新たな課題が浮上しているという。このため新サービスは、オフィス勤務の従業員や人事・総務、経営層それぞれに必要な機能を提供する形で一新した。

 サービスメニューと利用価格(1ID当たりの月額)は、テレワーク支援が主体の「ライト」が250円、業務の可視化と残業などの抑止を目的とする「スタンダード」が350円、業務の可視化やコラボレーションを支援する「アドバンス」が500円となっている。

 機能の一例では、各メニュー共通で利用可能なダッシュボートでは、従業員ごとの労働時間や予測などをグラフで表示し、タスク状況や自己分析、「ひとこと」メッセージの表示などができる。また、スタンダードとアドバンスでは、時間外勤務の事前申請がない場合に一時的にPCをロックして従業員に適切な対応を促すことができるほか、アドバンスでは9月以降、Microsoft Teamsとの連携もできるようにする。

「コミュニケーションダッシュボード」のイメージ
「コミュニケーションダッシュボード」のイメージ

 利用には最低10IDの申し込みが必要。両社では全プラン合計で今後3年間に50万IDの導入を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]