編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

Zoom、有償顧客による経由データセンターリージョンの指定が可能に

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-14 12:54

 オンライン会議プラットフォームのZoomは米国時間4月13日、会議のトラフィックが経由されるデータセンターリージョンの指定機能を18日から有償顧客に提供すると発表した。

 同社の最高技術責任者(CTO)Brendan Ittelson氏によると、顧客は特定のデータセンターリージョンをオプトインまたはオプトアウトできるようになる。ただし、デフォルトのリージョンはロックされ、変更またはオプトアウトはできない。こうしたデフォルトリージョンは顧客の大多数では米国になるという。

 「中国国内にユーザーがいる場合、(中国国外で登録されている)アカウントの管理者が4月25日までに中国のデータセンターをオプトインしなければ、当該アカウントは中国本土にある当社のデータセンターに接続してデータをやり取りすることができなくなる」(Ittelson氏)

 あるリージョンがオプトアウトされた場合、当該リージョンのダイヤルイン番号と「Zoom Conference Room Connector」(待機室へのコネクター)が無効化される。

 Zoomの無償ユーザーはデフォルトのリージョンに固定されることになり、こうしたリージョンはほとんどの場合、有償顧客と同じく、米国になるという。

 同社は3日、中国国外で開催される会議の参加者によって利用される暗号鍵が中国国内のサーバーで生成されているとの調査結果をトロント大学の研究所Citizen Labが公開したことで、厳しい状況に置かれた。

 Zoomの最高経営責任者(CEO)Eric Yuan氏は同日、この件についてブログで説明し、需要拡大に伴うデータセンターのスケールアップに向けた最近の意思決定で見落としがあったためだとした。

 同氏は「Zoomのシステムは主データセンターと副データセンターの双方について、中国を中心にしたジオフェンシング機能を維持するように設計されており、中国国外のユーザーの会議データが、中国国内にある当社のデータセンターを経由しないように保証している」と述べ、次のように続けた。

 「Zoomは、需要の大規模な増大に応えるために、2月に急きょ中国リージョンの容量を追加した」

 「われわれはこの際に、あまりにも急いで作業を進めたため、中国にある2つのデータセンターを、バックアップブリッジの長大なホワイトリストに誤って追加してしまったことで、極めて特殊な状況下で(すなわち中国国外のクライアント向けの主サーバーが利用できない場合)、中国国外のクライアントが(中国国内にある)それらデータセンターに接続されるようになってしまった」

 またYuan氏は、同社の暗号化処理が「まずい考え方だと皆が知っている」プロトコルを使用しているとCitizen Labによって判断されたことについても言及し、Zoomの暗号化処理の改善に取り組んでいるとした。

 Ittelson氏は13日、中国国内の会議サーバーが「常にジオフェンシングの対象となっている」ため、中国国外のクライアントのデータが中国に送られることはないとした。「4月3日に、中国国内に設置していたすべてのHTTPSトンネリングサーバーを除去し、中国を経由した接続が誤って行われないようにした」(同氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]