マイクロソフト、VS Code向けの拡張機能「Pylance」発表--Python開発体験を向上

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-03 12:28

 Microsoftは米国時間6月30日、「Python」向けの新しい言語サーバー「Pylance」をリリースした。同社の人気の高い、オープンソースでクロスプラットフォームのコードエディターである「Visual Studio Code」(VS Code)とのやり取りに、「Language Server Protocol」を使用する。

 Pylanceは、「Visual Studio Marketplace」で拡張機能として提供されており、「Visual Studio CodeでのPython体験を飛躍的に改善する」と、Python Language Server and Python in Visual Studio担当プログラムマネジャーのSavannah Ostrowski氏は述べている

 VS Code向けPython拡張機能は、Microsoftのマーケットプレイスで高い人気を誇るため、多くのPython開発者に恩恵をもたらすだろう。

 Pylanceは、同社のPython向け静的型チェックツール「Pyright」をベースとする。このツールは、開発者が素早く型チェックなどを行えるようにするもので、2019年にリリースされた。

 「Pyrightの型チェック機能と言語機能を、VS Code向け拡張機能のPylanceに組み込んだ。Pylanceは、Microsoftが正式にサポートするPython Language Serverとなる」とGitHubのPyrightページで説明されている。

 「Pylanceは、VS CodeのPython拡張機能と連携するように設計されている。Pylanceは、Pyrightの機能以外にも、AIが支援する補完機能を利用できるIntelliCodeといった、いくつかの高度な機能との互換性を追加した。VS Codeのユーザーは、Pyrightをアンインストールして、代わりにPylanceをインストールすることを推奨する。Pyrightのメリットはもちろん、それ以上の恩恵を受けられるはずだ」(Microsoft)

 PylanceのGitHubリポジトリーには、Pylanceが開発者の生産性とPythonのコード品質を劇的に向上できると記されている。Microsoftはこのリポジトリーを使ってユーザーからのフィードバックを得ている。

 Microsoftは、「PylanceはPyrightを活用し、リッチな型情報によってPython IntelliSense体験を一層向上させ、より優れたコードを素早く書くことができるようにする」としている

 Microsoftは、重複などのエラーが出る可能性があるため、PyrightとPylanceの両方を同時にインストールしないように警告している。

 しかし、両者には違いがあり、同社のFAQによると、「Pylanceは、Pyrightの機能と追加機能を活用するが、その一部はオープソース化されていない」という。

 またPylanceは、Microsoftが正式にサポートするPython向け型チェッカーとなる。MITライセンスの下、オープソースプロジェクトとして開発、メンテナンスしていく考えだ。しかし、VS CodeのPyright拡張機能は、今後も完全に機能することや、長期的に維持されるのるかということは保証されていないという。

 Pylanceの主要機能として、型情報、自動インポートサジェスチョン、型チェック診断などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]