編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

LIVE BOARDと富士通、広告視認数に応じた計測モデルを構築

NO BUDGET

2020-07-09 18:03

 オンラインのアドネットワークを提供するLIVE BOARDと富士通は、屋内のデジタルサイネージ(DOOH:Digital Out of Home)のインプレッション(広告視認数)計測モデルを構築した。LIVE BOARDは商用サービス開始に先駆け、美容室専門デジタルサイネージメディアを展開するCMerTVとこの計測モデルを活用した広告配信の試験運用を開始した。

 この計測モデルは、富士通のAI(人工知能)画像解析サービス「FUJITSU Technical Computing Solution GREENAGES Citywide Surveillance V3(GREENAGES Citywide Surveillance V3)」で測定した視認数(広告を実際に見たと推定できる人数)などのデータを基にしている。

 GREENAGES Citywide Surveillance V3は、DOOH付近に設置したカメラ映像から個人を特定せずに群衆の視認方向を測定することで、広告視認人数や視聴時間、視聴率を算出する。人物が小さく顔の正面が映っていない群衆でも、頭部の向きや角度などから個人の視認方向を検出可能だという。また個人を特定せずに、髪型や服装などの全身特徴から、群衆の性別・年代を推定する機能も提供する。

インプレッション計測モデルにおける各社の役割(出典:LIVE BOARD、富士通)
インプレッション計測モデルにおける各社の役割(出典:LIVE BOARD、富士通)

 同計測モデルにより広告主は、これまで測定が難しかった広告価値を広告視認数などの客観的なデータに基づき把握が可能になるという。

 さらに広告主は、LIVE BOARDが提供するアドネットワーク「LIVE BOARD Network」を通じて、広告視認数の多い時間帯を狙ったインプレッション数に基づく広告出稿も可能になり、DOOHを所有するメディアオーナーはLIVE BOARD Networkに媒体を接続することで、インプレッション数に応じたDOOHの広告枠の販売など、新たな販売方法を提供できるという。

 LIVE BOARD Networkは登録された複数のDOOHの中から、広告主が期間や時間を自由に設定して広告枠を購入できる。各メディアオーナーが所有するDOOHの空き枠を含め、DOOHをLIVE BOARD Networkに連携させることで、オンラインでの広告枠の売買やリアルタイム配信などが可能となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]