PDF Report at ZDNET

点検しておきたいウェブサイトの品質--ロードバランサーの進化

PDF Report@ZDNET

2020-11-24 06:00

 テレワークの普及が拍車をかける形で、さまざまな情報のオンライン化が進んでいる。オフラインのセミナーはウェビナーになり、企業の会議は「Zoom」などと呼び名も変わってきた。

 今後懸念されるのは、こうしたウェブ化の流れによって引き起こされる企業のシステムインフラにおける不具合の発生である。ECサイトなどは、1秒の表示の遅れが莫大な売り上げの損失につながるというデータもある。

 ウェブの品質を維持するためには、インフラの健全性を確認しておく必要がある。また、最近は前提となるシステムに、マルチクラウド、コンテナーなど新たな環境が加わってきている。そこで点検する必要があるのが、ロードバランサーや、それをさらに高度化したといわれるApplication Delivery Controller(ADC)と呼ばれる製品の性能である。

 ここに来て、ベンダー側も新たな製品展開を進めている。VMwareが提供する「NSX Advanced Load Balancer」は、オンプレミスのデータセンターに加え、VMware製品、OpenStack、AWS、Azure、Google Cloud Platformなどのパブリッククラウドも対象とし、ポリシーの集中管理と一貫性を保った運用により、管理を簡素化している。

 オンラインの重要性が社会的な意味でも高まっているいま、インフラとしての役割が求められる負荷分散装置やADCへの期待を示す記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]