編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
AWS re:Invent

AWS、データベースやストレージ関連のサービス複数発表--データ移行など容易に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-12-02 19:31

 Amazon Web Services(AWS)は、ストレージ、データベース、アナリティクスワークフローの間のデータ移動を容易にすることが、ほかのプロバイダーで実行されているワークロードを奪うための鍵になると考えている。

AWS

 AWSは「re:Invent」でストレージやデータベースに関するさまざまな最新情報を発表したが、その中には「AWS Glue Elastic Views」(プレビュー)と呼ばれるサービスがあった。このサービスによって、複数のデータストアのデータを自動的に組み合わせ、複製したマテリアライズドビューを簡単に構築できるようになる。複数のデータベースやアナリティクスのデータストアを管理し、コピー先のデータベースでデータを最新の状態に保つことができるという。AWSの最高経営責任者(CEO)Andy Jassy氏は、「データストア間でデータを移動させられるようになることは画期的だ」と述べた。

 同社はさらに、一連のデータベース移行ツールも発表している。

 Jassy氏は、「顧客はプロプライエタリなデータベースからの移行を望んでいる。今やあらゆるデータベースが再発明されているところだ」と語った。「持っているデータの量がギガバイト単位やテラバイト単位であれば、リレーショナルデータベースでもなんとかなる。しかし、ペタバイトやエクサバイトになると複雑すぎる」

 Jassy氏はまた、アナリティクスのデータストアもシンプル化されるべきだと話す。「顧客はこれらの専用に構築されたアナリティクス用データストアも利用したいはずだ」と同氏は言う。

 つまりAWSのJassy氏は、これらの専用の目的で作られたデータベースの活用やデータの自由な移動は、Oracleのような以前から力を持っている企業や、Microsoftのようなライバル企業と戦うための武器になると考えているわけだ。その最終的な目標は明らかだ。AWSがデータベースやアナリティクスのワークロードを増やせば増やすほど、機械学習やモデルのトレーニングなども用いてバリューチェーンの価値を上昇させることができる。

 同社が、AWS上のデータストアなどから機械学習用にデータを準備するサービスである「SageMaker Data Wrangler」を発表したのもその一環だ。

 同社が発表したストレージやデータベース関連の内容には、次のようなものがあった。

  • 異なるデータストアのデータを連結して複製するAWS Glue Elastic Views。
  • 「Aurora Serverless v2」。データベースのワークロードを数十万トランザクションの規模まで1秒未満でスケールする能力を持ち、キャパシティのプロビジョニングにかかるコストを大幅に圧縮できる。現時点ではMySQL 5.7でプレビュー版を利用できる。
  • 「SQL Server」のアプリケーションを「Aurora PostgreSQL」で利用できるようにする「Babelfish for Aurora PostgreSQL」。Babelfish for Aurora PostgreSQLでは、SQL Serverで利用される独自の言語(T-SQL)とSQL Serverの通信プロトコルを使用することができる。
  • より高速、低遅延のストレージエリアネットワークを提供する「Amazon Elastic Block Store」の新しいボリュームタイプ、「io2 Block Express」がプレビューリリースされた。AWSによれば、io2 Block Expressを利用すれば、「SAP HANA」「Microsoft SQL Server」「Oracle」「Apache Cassandra」のワークロードのパフォーマンスを改善できるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]