編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

グーグル、Actifioを買収へ--「Google Cloud」でバックアップや災害復旧サービス強化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-12-03 14:10

 Googleは米国時間12月2日、バックアップと災害復旧(DR)などで実績のあるデータ管理企業Actifioを買収する契約を結んだことを発表した。買収条件は明らかにされていない。

 Actifioのソリューションは、外部からの脅威やネットワーク障害、人為的ミスなどによるデータ損失やダウンタイムを防ぐ上で有用となる。

 Actifioと、関連する同社の技術は、「Google Cloud」のエコシステムに組み込まれ、Googleはバックアップやデータ復旧サービス市場に一層注力していく。

 この買収によって、Google Cloudは「ハイブリッド環境でも、企業がビジネスクリティカルなワークロードをデプロイ、管理する際に、より優れたサービスを提供」できるようになると同社は説明している。また、「当社のバックアップおよびDRテクノロジー、チャネルパートナーのエコシステムを支え、顧客のニーズに最も適したソリューションを選択できるよう、さまざまな選択肢を提供」していくとしている。

 Actifioの最高経営責任者(CEO)Ash Ashutosh氏は、声明で次のように述べた。「Google Cloudに加わり、この4年間にパートナーとして収めてきた成功を強化できることを喜ばしく思う。バックアップとリカバリーは、企業のクラウド導入に不可欠であり、当社はGoogle Cloudとともに、さまざまな業界でデータドリブンを取り入れている顧客のニーズに対応する上で格好の立場にある」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]