編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

スターフォーム、「Zoho CRM」導入でアナログ対応の業務時間を従来の約5分の1に

NO BUDGET

2021-01-27 16:36

 スポーツ領域で複数の事業を展開するスターフォームは、顧客管理・営業支援システム「Zoho CRM」を導入した。

 同社は担当者1名が1カ月という短期間で導入を完了した。導入効果としてアナログで対応していた業務は自動化でき、作業時間を従来の5分の1ほどに削減できた。さらに、以前利用していたCRM(顧客関係管理)製品の3分の1程度の価格で利用できたため、固定費の削減にもつながっている。

 同社はこれまで既存事業とAI(人工知能)事業で他社のCRMを主に利用していたが、「今必要な機能」や「将来必要な機能」「利用するメンバー」「今後の事業展開や拡張性」などを再定義する中で、CRMの乗り換えを検討し始めた。その結果、以前から労務管理に利用していた「Zoho People」に着目し、さまざまな業務をZohoサービスで統一すれば、データ連携やコストの抑制といった点で効果を得られると考え、40以上のZohoアプリケーションが利用できるパッケージ「Zoho One」を契約し、導入を決めた。

 同社ではZoho CRMについて、直感的に構築できるGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)などカスタマイズ性の高さを評価している。また、現在ではZoho Oneに含まれる他のアプリケーションとZoho CRMを連携させ、複数の業務を自動化することで事業のDX(デジタル変革)も実現しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]