編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

富士通、2022年度までに「FJcloud」を100%再生可能エネルギーで運用

NO BUDGET

2021-02-16 15:59

 富士通は、自社のクラウドサービス「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud(FJcloud)」の運用に必要な全電力を、2022年度までに100%再生可能エネルギーにすると発表した。

 富士通グループは、国際NGOのThe Climate Groupが運営するイニシアチブ「RE100」の日本初のゴールドメンバーとして活動を続けており、グローバルで策定した再生可能エネルギー調達原則の中で、グループ拠点における再生可能エネルギー由来の電力使用を2050年までに100%とすることを目標としている。

 同グループはデータセンターにおいて、外気冷却や人工知能を活用した空調設備の制御による冷房効率の最適化など消費電力の削減に取り組み、継続的にPUE(Power Usage Effectiveness:データセンターの電力使用効率を示す指標)を改善するなど、持続可能な社会に向けた施策を推進している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]