編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

AWS、複数アプリケーションでのデータ利用を可能にする「S3 Object Lambda」を発表

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-03-19 10:37

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間3月18日、異なる要件に関わらず、複数のアプリケーションで同じデータセットを使用できるようにする新機能「S3 Object Lambda」を発表した。この機能は、データを「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)から取得して、自動的に処理を行い、既存アプリケーションで利用できるようにする。

 「AWS Lambda」のサーバーレスファンクションサービスは、年次イベント「re:Invent 2020」で大きな注目を集めた。

 同じデータセットが、異なるデータニーズを持つ、さまざまなアプリケーションで役立つ事例は幾つも考えられる。例えば、EC(電子商取引)サイトでは顧客情報の明細データをマーケティング施策で使用し、分析目的ではそうした詳細を省きたい場合などがある。

 通常は、各アプリケーション向けにデータセットのコピーを作成したり、適切に処理するためにインフラをプロキシレイヤーとして構築・管理したりする必要がある。

 S3 Object Lambdaでは、ユーザーはS3から取得したデータをアプリケーションに取り込む前に、データを処理するためのコードを追加するだけでよい。Lambda関数は、標準的なS3 GETリクエストによってインラインで呼び出される。

 この機能は、個人特定につながる情報の編集、データ形式の変換(XMLからJSONへの変換など)、他のサービスやデータベースからの情報によるデータの補強、ダウンロード中のファイルの圧縮、解凍など、さまざまな用途で役立つはずだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]