AWS、複数アプリケーションでのデータ利用を可能にする「S3 Object Lambda」を発表

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-03-19 10:37

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間3月18日、異なる要件に関わらず、複数のアプリケーションで同じデータセットを使用できるようにする新機能「S3 Object Lambda」を発表した。この機能は、データを「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)から取得して、自動的に処理を行い、既存アプリケーションで利用できるようにする。

 「AWS Lambda」のサーバーレスファンクションサービスは、年次イベント「re:Invent 2020」で大きな注目を集めた。

 同じデータセットが、異なるデータニーズを持つ、さまざまなアプリケーションで役立つ事例は幾つも考えられる。例えば、EC(電子商取引)サイトでは顧客情報の明細データをマーケティング施策で使用し、分析目的ではそうした詳細を省きたい場合などがある。

 通常は、各アプリケーション向けにデータセットのコピーを作成したり、適切に処理するためにインフラをプロキシレイヤーとして構築・管理したりする必要がある。

 S3 Object Lambdaでは、ユーザーはS3から取得したデータをアプリケーションに取り込む前に、データを処理するためのコードを追加するだけでよい。Lambda関数は、標準的なS3 GETリクエストによってインラインで呼び出される。

 この機能は、個人特定につながる情報の編集、データ形式の変換(XMLからJSONへの変換など)、他のサービスやデータベースからの情報によるデータの補強、ダウンロード中のファイルの圧縮、解凍など、さまざまな用途で役立つはずだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]