編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

マイクロソフトのテクニカルフェロー、ドン・ボックス氏が退社

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-02 11:41

 筆者はMicrosoftウォッチャーとしてのキャリアの中で、多くのスマートで興味深い人たちにインタビューすることができて非常に幸せだ。中でも、Don Box氏へのインタビューはいつも楽しかった。

Don Box氏
提供:Don Box氏

 Don Box氏はMicrosoftで19年にわたって働いてきた。同氏は米国時間3月31日のFacebookへの投稿で、新たな仕事のためにMicrosoftを退社することを明らかにした。4月の1カ月間を休んだ後、5月3日から次の仕事を始めるという。

 Box氏の同社における最後の肩書きは、テクニカルフェロー、そして2017年12月から務めている複合現実(MR)エンジニアリング担当バイスプレジデントだった。またBox氏は、同社のMRチームとともにMR向けリアルタイムコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Mesh」(3月のオンラインカンファレンス「Microsoft Ignite」で発表された)の開発に取り組んだ。それ以前には、Operating Systems Group(OSG)グループでシリコン、グラフィックス、メディア開発担当ディレクターとしてコアOSグループの開発チームを率いた。LinkeInの同氏の略歴欄には「『Xbox One』のOSを開発するチームを立ち上げた」ことも書かれている。

 筆者はBox氏が秘密のOSやMR関連の業務にひそかに取り組むようになる以前、同氏と直接やり取りしていた。同氏は、多数のプロジェクト(とコードネーム)の開発者であり、アーキテクトだった。筆者は長年、「COM(Common Object Model)」、「M」モデリング言語「Quadrant」モデリング環境、「XML Web Services」「Windows Communication Foundation(『Indigo』)」などについてカバーしてきた。Box氏はMicrosoftに入社する前に、DevelopMentorを創業したほか、「Microsoft Systems Journal」のコラムニストだった経歴を持つ。また、SOAP仕様の策定者の1人でもある。

 Box氏はこの数年公の場でキーノートなどで姿を見せる機会が少なかったが、同氏が過去の「TechEd」カンファレンスのステージで、バスタブに入ってXMLやSOAPについて話したことを懐かしく思い出す人も少なくないだろう。2003年のMicrosoft PDC基調講演の「Lap Around Longhorn」についても同様だ。

 同氏はFacebookに、「Microsoftのリーダーシップが私の次なる使命と認めてくれた素晴らしい機会について、謙虚に受け止めるとともに感謝している。この機会は素晴らしいものであり、逃し難い、本当に逃し難いものだ。しかし、とても驚いたことに、探し求めている(自らの)変革のためにMicrosoftを去らねばならない」と記している。

 Box氏は、次にどこで何をしようとしているのかを明かしていないが、最近はプログラミング言語Rustに夢中だとも書きつづっている。同氏は2月に、MicrosoftがRustを支援するということについての喜びをツイートしていた。

 誰がBox氏の後任となるのか(もしいるのであれば)と、筆者はMicrosoftに尋ねたが、広報担当者によると、特にコメントはないとのことだった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]