編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
調査

クラウドインフラ支出が500億ドル超、AWSやMSが依然シェア上位--2021年Q4、Canalys

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-02-07 12:23

 2021年第4四半期のクラウドインフラへの支出は世界全体で535億ドル(約6兆2000億円)に達し、初めて500億ドル(約5兆8000億円)を突破した。通年では1917億ドル(約22兆1000億円)で前年より500億ドル近く増加した。IT分析会社Canalysが明らかにした。

Canalys
提供:Canalys

 Canalysによると、第4四半期のクラウドインフラ支出は今回も3大クラウドサービスが上位を独占し、535億ドルのうちの64%を占めていた。

 「Amazon Web Services」(AWS)のシェアは33%で、「Microsoft Azure」の22%、「Google Cloud」の9%が続いた。その他のクラウドサービスプロバイダーは36%だった。

 売上高成長率の順位も変動はない。「Google Cloud」はAlphabetの赤字部門であり続けている一方、売上高成長率は前年比で63%と最も大きく伸びている。Azureは46%、AWSは40%だった。また、業界の成熟度を示すかのように、クラウドインフラ支出の成長率は、2018年の前年同期比約50%という水準から2021年第4四半期は34%へと減速している。

 Amazonは先週、第4四半期決算を発表した。AWSの売上高は前年同期比40%増の177億8000万ドルだった。売上高ランレートは710億ドルだ。

 Alphabetは先週、第4四半期決算報告で、Google Cloudの売上高が前年同期比45%増の55億4000万ドルだったと報告している。営業損失は8億9000万ドルで、前年同期の12億4000万ドルから改善している。

 Microsoftは1月、大規模で長期に及ぶAzureの契約数が伸びたと報告した。Azureとその他のクラウドサービスの売上高は46%増だった。

 Canalysは、いわゆるメタバースや、関連する拡張現実(AR)/仮想現実(VR)テクノロジーが今後10年、クラウドサービスへの支出とインフラの展開をけん引するとしている。

 Canalysは、メタバースは今日のインターネットのようになるだろうと指摘し、現在メタバースの前触れとして、ゲーム、ソーシャルメディア、職場のコラボレーション、教育、不動産、EコマースやNFT(Non-Fungible token、非代替性トークン)を含むデジタルコマースなどにおよぶユースケースが考えられるとしている。

 CanalysのリサーチアナリストBlake Murray氏は、クラウドサービスは、メタバースに参入しようとする個人開発者や組織に適した存在だと指摘し、「VRとARの環境でコンピュートの需要が高まる。一方、ストレージ、機械学習、IoT、データアナリティクスは、メタバースにおける対話性、デジタルツイン、モデリングなどのオペレーションを支えるために不可欠になる」と述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]