編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

クラウドコンピューティングの発展と問題点--セキュリティが最大の課題に

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2022-06-09 07:30

 クラウドコンピューティングが急速に主流のモデルになりつつあり、企業のデータとアプリケーションのホスト、新しいサービスの開発に使用されていることは明らかだ。

 クラウドコンピューティングの採用はこの10年間で急拡大し、まもなく重要な転換点を迎えるだろう。アプリケーションソフトウェア、インフラストラクチャーソフトウェア、ビジネスプロセスサービス、システムインフラストラクチャーにおいて、クラウドコンピューティングの使用が今後2〜3年で従来のオンプレミステクノロジーの選択肢を追い越すとみられている。

 ハイブリッドワークへの強制的な移行といった近年の出来事によって、クラウドサービスはさらに勢いを増した。クラウド製品は、成熟と進化が続く中で、今後も採用が拡大し続ける可能性が高い。

 なぜなら、クラウドコンピューティングには明白な利点があるからだ。たとえば、需要に応じてほぼ無限にサービスを拡張することができ、高価なハードウェアの購入や保守が必要ない。また、エンジニアのチームを雇って展開や管理をさせなくても、新しいアプリケーションを利用することができる。

 しかし、クラウドコンピューティングへの移行によって、新たな課題も生じている。多くの人にとって最大の懸念はセキュリティだ。

 自社のシステムとデータをクラウド会社に預けて、専任のエキスパートにシステムを保護してもらうという機会が、企業にとってのクラウドの主な利点の1であることは間違いない。これはもちろんSoftware-as-a-Service(SaaS)にも当てはまり、多くの企業はSaaSによって自社サーバー上のソフトウェアのパッチ適用と保守に関する不安や頭痛の種を取り除くことができる。

 だが、それはクラウドに移行すればセキュリティのことを忘れてよいという意味ではない。

 クラウドコンピューティングの利点を最大限に活用するには、複数のクラウド企業を利用し、データとワークロードを自社データセンターとクラウドの間で、あるいは複数のクラウド間で移動させる必要がある。

 クラウドコンピューティングへの移行により、セキュリティに関する基本的な懸念が多少は取り除かれたかもしれないが、ハイブリッドクラウドの登場によって全く新しい懸念が生じている。たとえば、スタッフによるサービスへのアクセスを保護し、データを暗号化して他のクラウドユーザーに誤って公開されないようにする必要があり、データをアプリケーションとクラウドサービスの間で移動させる際に安全性を維持しなければならない。全く同じクラウドサービスは2つとなく、クラウドコンピューティングの使用が新しい分野に拡大するにつれて、リスクが増大する。

 クラウドコンピューティングのセキュリティに関する今回の米ZDNet特集記事では、いくつかの重要な問題に注目し、クラウドセキュリティの進化の内容を紹介する。クラウドへの移行は機会を生み出すが、セキュリティの問題を無視してはならない。

提供:Getty Images/Charday Penn
クラウドコンピューティングのセキュリティは複雑だが、現在では企業の最優先事項となっている。
提供:Getty Images/Charday Penn

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]