三菱商事、社内問い合わせ対応にAI対話エンジンを導入--利便性向上を図る

NO BUDGET

2022-09-02 10:20

 三菱商事は、深層学習と自然言語処理 (NLP) を活用した人工知能(AI)対話エンジン「BEDORE Conversation」を導入し、4月に運用を開始した。同エンジンを提供したPKSHA Workplaceのグループ会社であるPKSHA Technology(PKSHA)が発表した。

  三菱商事では、日々発生している社内の問い合せ対応業務の負荷を軽減するため、既に人工知能を有するFAQ(よくある質問)検索エンジンを活用していた。しかし、回答精度に課題があり、ユーザ利便性の更なる向上を図るとともに効率的な運用を目指し、新たなサービスの検討を始めていた。

 従来のエンジンに登録されていたFAQをBEDORE Conversationに取り込み、精度検証を行った結果、従来のエンジンよりも高い回答精度95%を実現した。また、「言語処理能力」「学習チューニングの運用性」「機能拡張性」といった評価項目においても、既存チャットボットや他社製品と比較してBEDORE Conversationに優位性があると判断され、採用したという。

利用画面例
利用画面例

 同エンジンはPCやモバイル用のウェブサイト、「Microsoft Teams」アプリ上で展開されている。今後も、機能拡張性や発展性を活用し、継続してユーザ利便性の向上を進めていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]