DXのトレンドと成功に向けたインサイト

DXに関連する多様な要素--プロジェクト成功に求められる5つのスキル

Pallavi Kenkare (ZDNET.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2022-09-05 07:30

 デジタルトランスフォーメーションはビジネスの未来だ。Mordor Intelligenceによる2020年の調査では、デジタルトランスフォーメーションの価値が2630億ドルと評価され、2026年までに7670億ドルに達すると予測されている。デジタルトランスフォーメーションには非常に多くのものが関連する場合があり、これにはプロセスの自動化、新しいウェブサイト、ユーザー体験の改善、クラウドへの移行などが挙げられる。だが、全社的な変革を成功させるには、どのようなスキルが必要なのだろうか。

1. デジタルフルーエンシー

 デジタルトランスフォーメーションを成功裏に実施するためには、何よりもまず、従業員が基本的なレベルのデジタルフルーエンシー(デジタル活用力)を備えている必要がある。業界によって異なるが、デジタルフルーエンシーには、Microsoftのスイート製品に関する基本的な知識から、クラウドコンピューティングの理解まで、さまざまなものが含まれる。

 こうしたスキルの必要性は全社的なものだ。ハーバードビジネススクールの教授であるTsedel Neeley氏は、デジタルフルーエンシーは言語学の基本的な原則に忠実だと指摘する。「私はよく30%ルールを引き合いに出す。元々は言語の研究で使われるルールだが、これをデジタルフルーエンシーに適用すると、新しいデジタルの方向へ効果的に進むには、会社全体がフルーエンシー基準値の少なくとも30%に達していなければならない、ということになる」

 もちろん、幹部レベルではデジタルフルーエンシーの必要性がさらに増す。企業のリーダーがデジタルフルーエンシーを獲得して奨励すれば、勢いが生まれる。デジタルリテラシーのあるリーダーの方が、経営陣と従業員の間のギャップにうまく対処できるだろう。このギャップには、デジタルトランスフォーメーションの認識に関するものや、単純にデータアーキテクチャーの実際の性能に関するものなどがあり、これらがデジタルトランスフォーメーションの失敗の原因になることが多い。

2. データ分析

 企業は多くの場合、大量のデータに押しつぶされて、データセットを分析して結論を導き出すのに苦労している。データの処理と使用を許容可能な形で、かつ高い生産性で実行するために最も重要なものは、データの視覚化とクリーニング、さらには「MATLAB」「Python」「R」などの技術スキルを含むデータ分析の専門知識だ。

 現在の経済におけるデータ分析スキルの有用性は、極めて明白だ。米労働統計局は大きな成長を見込んでおり、データサイエンス分野が2026年までに約28%成長し、平均をはるかに上回る成長率になると予測する。この成長予測を過去のデータが裏付けている。Fortuneのレポートによると、全世界におけるデータ分析の雇用市場の価値は2314億3000万ドルで、2020年から10.6%も増加しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]