「LibreOffice」を快適に

「LibreOffice」でSamba共有のファイルを開くには

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-09-12 07:30

 「LibreOffice」は市場で最高のオープンソースオフィススイートの1つである。筆者も日常的に使用しており、自分のユースケースの多くを完全に満たすことができると感じている。ほかの類似ツールの大半よりも気に入っているのは、市場のほぼすべてのOSで利用できることに加えて、柔軟性と豊富な機能も備えているからだ。

 筆者がよく使用する機能の1つは、LAN上にある「Samba」または「Windows」共有のドキュメントを開く機能だ。この機能を使用すると、ローカルストレージ以外の場所のドキュメントを開いたり、保存したりできる。筆者はネットワーク上で多くの共有ディレクトリーを使用するので、この機能が欠かせないものになっている。

 だが、どうすれば、LibreOfficeでSamba共有のファイルを開くことができるのだろうか。本記事では、その手順を紹介する。

必要なもの

 LAN経由でドキュメントを開くには、LibreOfficeがインストールされていること、そして、読み取りと書き込みの両方のアクセス権を持つSambaまたはWindows共有が必要だ。Sambaを使用してネットワークでフォルダーを共有する方法が分からない人は、記事「『Linux』でフォルダー共有を設定するには--『Samba』を使った手順」を参照してほしい。

 すべての準備が整ったら、SMB共有ファイルを開いてみよう。

Samba共有のファイルを開く方法

1. LibreOfficeを開く

 最初に、デスクトップメニューからLibreOfficeを開く。ここでは、「LibreOffice Writer」を使用して説明を進める。アプリケーションが開いたら、「File」(ファイル)>「Open Remote」(リモートファイルを開く)の順にクリックする。

2. サービスを追加する

 表示されたウィンドウ(図1)で、最初に新しいサービスを追加する必要がある。

図1:「Remote Files」(リモートファイル)のウィンドウでは、さまざまな種類のサービスを追加して、リモートファイルを開けるようにすることができる。
図1:「Remote Files」(リモートファイル)のウィンドウでは、さまざまな種類のサービスを追加して、リモートファイルを開けるようにすることができる。
提供:Jack Wallen

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]