編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

チームラボ、キユーピーECサイトを構築--ユーザーのライフスタイルに適した食を提案

NO BUDGET

2022-09-22 16:30

 チームラボは、キユーピーのD2C(Direct to Consumer)プラットフォーム新事業「Qummy(キユーミー)」の電子商取引(EC)サイトを構築した。サイト構築において、企画、ユーザーインターフェース(UI)/ユーザーエクスペリエンス(UX)設計、デザイン、開発、サービスの運用設計を担当。さらに、レコメンドシステムやコンテンツの管理など、チームラボが独自に開発しているパッケージ群を導入し、フロントエンドからバックエンドまで一貫した設計・管理・運用を可能にした。

ECサイト画面
ECサイト画面

 Qummyは、キユーピーがこれまでに培ってきた、商品開発やレシピ提案力、グループの技術を生かして、バラエティ豊かな野菜料理を楽しむための商品と情報をお届けするD2C(消費者直販サイト)の新サービス。チームラボはQummyにおいて、さまざまなユーザーのライフスタイルに合うように、ユーザー自身で組み合わせてサラダを作り、購入できるカスタマイズ機能を導入した。ほかにも、チームラボが開発した人工知能(AI)を活用したチャットボットや、レコメンドシステムを導入し、ユーザー一人一人に適した食の提案を行う。

 また、レコメンドエンジンの「チームラボレコメンド」「チームラボサイトサーチ」「チームラボDMP」によって、ユーザーが閲覧した商品やお気に入りした商品などの情報を活用し、ユーザーの好みに合わせたおすすめ商品を表示していく。

 さらに「チームラボEC」や「チームラボCMS」により、サイト内の画像やニュース、商品情報の登録、注文管理・配送管理など、コンテンツ管理を一元化することで、運用コストを抑えながらユーザーに最適な情報を提供できるとしている。

 ユーザー情報の管理では、ユーザーの属性を管理活用するパッケージ「チームラボ会員基盤」によって、キユーピーの各オンラインプラットフォームとのID統合を行い、kewpie ID(キユーピーID)を提供する。ID統合によって、Qummyとキユーピー 商品サイト内の会員サービス「Hi! kewpie」のユーザー情報を一元管理し、チャネルを横断してユーザーにシームレスな体験を提供するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]