Canonical、「Ubuntu 22.10」をリリース--IoT開発者向けの機能強化など

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-10-26 11:18

 ビジネスユーザーや開発者にとって、Canonicalが先頃発表した「Ubuntu Pro」や、Amazon Web Services(AWS)の「Ubuntu」仮想デスクトップ、そして、もちろん、長期サポート(LTS)版の「Ubuntu 22.04」も、非常に望ましいものである。しかし、あなたがプログラマーで、最先端の「Ubuntu Linux」を使いたいと思っているとしよう。その場合は、リリースされたばかりの「Ubuntu 22.10」(「Kinetic Kudu」とも呼ばれる)を入手すべきだろう。

提供:Canonical
提供:Canonical

 特に、モノのインターネット(IoT)開発者は、Ubuntu 22.10の多くの機能を気に入るはずだ。Canonicalの最高経営責任者(CEO)のMark Shuttleworth氏は声明の中で、「コネクテッドデバイスは刺激的なイノベーション分野だが、その一方で、家庭やビジネスに新たなデジタルリスクももたらす。われわれは、使いやすくて安全性の高い新世代のIoTを実現することに注力しているので、Ubuntu 22.10には、組み込みデバイスやリモート開発に携わる開発者にとって生活の質(QOL)を向上させる機能が多数含まれている」と述べた。

 特に、Ubuntu 22.10では、人気の高い「Raspberry Pi」ボードのサポートが強化されている。これには、「Raspberry Pi Pico W」を含む多くのマイクロコントローラーでの「MicroPython」サポートが含まれる。さらに、「rshell」や「Thonny」統合開発環境(IDE)、「mpremote」もすべてUbuntuリポジトリーで入手可能だ。

 また、Ubuntuグラフィックススタックに、「Kernel Mode Setting」(KMS)グラフィックスサポートが追加された。これにより、開発者はデスクトップセッションの外部で、Pi固有のドライバーに依存することなく、「Qt」などのフレームワークを使用してPiベースのグラフィカルアプリケーションを実行することができる。これは、「Inky eInk HAT」シリーズ「Hyperpixel」シリーズRaspberry Pi公式タッチスクリーンなど、Raspberry Pi向け組み込みディスプレイのサポートを拡大するのにも役立つ。

 IoTデバイスや仮想マシン(VM)、「LXD」コンテナーでのUbuntuのメモリー使用量を削減するために、OpenSSHは接続要求を受けるまで開始されない。

 より一般的な開発者サポートのために、Ubuntu 22.10は「Ruby」「Go」「GCC」「Rust」の最新バージョンもサポートする。さらに、ネイティブプログラムのデバッグに役立つ新しい「debuginfod」サービスも備える。「gdb」などのデバッグツールは、必要なデバッグシンボルをHTTPS経由で自動的にダウンロードする。クラウド開発者向けに、Ubuntu 22.10は最新の「OpenStack」リリースである「Zed」も備えている。

 Ubuntu 22.10の心臓部には、新しい「Linux」カーネル「Linux 5.19」が搭載されている。このUbuntuの暫定リリースを使用する可能性が最も高いのは、おそらくデスクトップユーザーだろう。そうしたユーザーにとって最も重要な機能は、新しい「futex_waitv() syscall」だ。これにより、ゲームを高速化できる。さらに、Intelの「Advanced Matrix Extensions」(AMX)拡張命令セットと「Trust Domain Extensions」(TDX)のサポートも追加された。

 デスクトップユーザーへの朗報はまだある。最新バージョンの「GNOME 43」がUbuntuのデフォルトデスクトップとして採用された。さらに、一般的なデスクトッププログラム群の刷新、「Firefox 104」ウェブブラウザー、「LibreOffice 7.4」オフィススイート、「Thunderbird 102」電子メールクライアントも含まれている。

 Ubuntu 22.10には、簡素なUbuntuサーバー、デスクトップ、およびネットワークインフラストラクチャー向けのアップデートされたシステム管理ツールも含まれている。「Landscape 22.10」ベータ版だ。これにより、システム管理者は監視や管理、パッチ適用、コンプライアンスなどの機能を使用して、サーバーからデスクトップまで、任意のアーキテクチャー上のUbuntuをより簡単に運用および管理できる。この新しいベータ版では、Armベースのプロセッサーを搭載したコンピューター(パブリッククラウド上の「Ampere Altra」ベースの「ARM64」仮想マシンを含む)や「RISC-V」プロセッサーを搭載する機器、Raspberry PiなどでLandscape Serverを使用して、自宅での管理作業を簡素化することも可能だ。

 筆者は、本格的な事務作業には、今でもUbuntu 22.04を使用している。しかし、IoT開発者や中小企業/自宅のシステム管理者には、Kinetic Kuduが適している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]