ラズパイをより身近に

「Raspberry Pi」をオーバークロックしてみた

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-03-13 07:45

 「Raspberry Pi」の開発を担当するエンジニアたちは、パフォーマンスと消費電力、発熱のバランスを慎重に考慮してきた。

 しかし、Raspberry Piの性能をもう少し引き出したくなることもある。「Raspberry Pi 4 Model B」には、ハードウェアをオーバークロックすることで、もっと性能を引き出せる余地がある。

オーバークロックとはどんなものなのか

 チップメーカーは常に性能と電力、発熱量のバランスを取っているため、プロセッサー(CPU)やグラフィックス(GPU)チップを本来達成可能な速度よりも低速で動作させる傾向がある。

 オーバークロックとは、デバイスの設定を微調整して、本来の性能をさらに引き出し、チップに既定の設定以上の負荷をかけるプロセスのことだ。

なぜRaspberry Piをオーバークロックする必要があるのか

 結局のところ、自分がお金を払って購入した潜在的な性能とパフォーマンスを解き放つことができるからだ。

 ほとんどの日常的な使用では、おそらくRaspberry Piをオーバークロックする必要はないはずだが、より困難で高負荷のワークロードの実行を計画している場合は、オーバークロックすることで、動作が少し円滑になる。今回の例では、いくつかのコマンドを実行するだけで、Raspberry Piのプロセッサーの速度を1.5GHzから2GHzにオーバークロックした。

Raspberry Piのオーバークロックは安全なのか

 筆者の経験を一言で言えば、答えは「イエス」だ。

 筆者は何十台ものRaspberry Piボードをオーバークロックしてきたが、問題に遭遇したことは一度もない。

 安定性の問題が発生したり、Raspberry Piに負荷をかけすぎてハードウェアが損傷したりする可能性もあるが、本記事では、安全で承認された方法でRaspberry Piをオーバークロックする手順を紹介する。この方法を実行しても、保証は無効にならない。さらに、システムを可能な限り低温に保つため、いくつかの追加の冷却措置も講じている。

 Raspberry Piには、ハードウェアが過熱し始めたら自動的に速度を落とす機能など、ハードウェアを損傷から保護するメカニズムも多数組み込まれている。

オーバークロックを始める前に考慮すべきこと

 物理法則を変えることはできない。オーバークロックによってRaspberry Piの性能を向上させると、必要な電力と発熱量も増加する。

 とはいえ、そうした問題からRaspberry Piを保護するために、対策を講じることが可能だ。

 必要な電力が増えることについては、公式の電源や信頼できるモバイルバッテリーを使って、Raspberry Piを動かすことをお薦めする。そうすれば、ハードウェアがアイドル状態にあるときも、限界まで負荷がかかっているときも、一貫して円滑に電力が供給されるようになる。

 もう1つの考慮事項は熱だ。Raspberry Piの冷却性能は非常に優秀だが、冷却を改善することは悪い考えではない。筆者は過去の記事で、小さなヒートシンクをチップに取り付ける方法と、Raspberry Piを冷却ファン付きケースに入れる方法を解説している。

 筆者が今回のデモで使用するRaspberry Piには、冷却効果を高めるために、ヒートシンクが取り付けられている。ヒートシンクは効果的に機能しているようで、システムの温度は適切な範囲に保たれている(後で詳しく説明する)。ヒートシンクは数ドルで販売されており、短時間で簡単に取り付けることできる。

Raspberry Piをオーバークロックする方法

1. Raspberry Piを更新する

 Raspberry Piを起動して、「ターミナル」アプリを実行する。そこで以下のコマンドを入力して、Raspberry Piを更新する(各コマンドの最後に「ENTER」を押す)。

sudo apt update

 次に、以下のコマンドを入力して、アップグレードを実行する。

sudo apt dist-upgrade

 しばらく時間がかかるので、コーヒーや紅茶、コンブチャなど、活力の源となる飲み物を飲みながら、気長に待とう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]