渋谷区、脱PPAPを促進し職員のメールセキュリティ強化

NO BUDGET

2023-06-16 10:19

 HENNGEは、渋谷区がクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」を導入したと発表した。同区はこれにより「脱PPAP」などメールセキュリティの強化を実現した。

 HENNGE Oneは、「Microsoft 365」「Google Workspace」「Box」など、複数のクラウドサービスのID/パスワード統合と、アクセス制御による不正アクセス対策を実現する「IdP Edition」、脱PPAP対応策、標的型攻撃対策、メール誤送信/監査対応などが可能な「E-Mail Security Edition」の2つの機能で構成されている。

 導入後、同区の職員は場所も端末も問わず、セキュアにメールで添付ファイルを送れるようになり、約2800人のユーザーが問題なく利用できているという。

 PPAPとは、パスワード付きのファイルを添付したメールを送信し、後からパスワードに関する情報をメール送信するデータの受け渡し方法のこと。

 同区では、PPAP廃止に向けた社会的な気運の高まりを受け、HENNGE Oneを活用することで、職員の対応手順を増やさずに脱PPAPが実現できると判断し導入に至った。またメール誤送信対策機能が充実している点も評価した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]