JALら、航空機整備計画の最適化に量子コンピューティングを活用へ

NO BUDGET

2023-08-02 06:50

 日本航空(JAL)は、量子コンピューティング関連のソフトウェア開発を展開するエー・スター・クォンタムと共同で、量子コンピューティング技術などによる最適化計算を活用した運航整備計画の最適化アプリケーションの開発に着手する。日本の航空業界で初めての試みになるという。

 これにより、ベテラン社員のノウハウを継承しながら、最適な計画を自動的かつ短時間に策定することが可能となる。JALがベテラン社員の運航整備計画ノウハウを電子化し、エー・スター・クォンタムが最適化計算を活用した運航整備計画策定アプリケーションの開発を行う。

開発の概要
開発の概要

 エー・スター・クォンタムは量子コンピューティング技術や古典コンピューターによる数理最適化をハイブリッドで組み合わせた最適化計算ソフトウェア開発のスタートアップ企業として2018年7月に創業した。これまでに大手企業が主催するオープンイノベーションやスタートアップ支援先企業に採択されている。

画像1

 航空機の運航整備計画は、機材の使用状況、整備士の数、整備項目の期限、格納庫の収容数、整備実施空港、整備器材数など、膨大な制約条件を加味して策定する必要があり、現在は長年の経験を持つベテラン社員が多大な労力を費やして策定している。また、運航ダイヤの急な変更に合わせての計画最適化は容易ではなく、従来のコンピューターでは制約条件に適合した計画を短時間で作成することは現実的ではなかった。

 こうした課題に対して、両社は2021年1月から量子コンピューティング技術や数理最適化を応用した実証実験を制約条件を増やしながら段階的に進め、今回実用化のめどが付いたことから開発に着手することになった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]