東大とマイクロソフト、基本合意書を締結--GXやAI研究の推進で連携

大場みのり (編集部)

2023-08-31 18:46

 東京大学とMicrosoftは、グリーントランスフォーメーション(GX)、ダイバーシティー&インクルージョン(D&I)、AI研究の推進に向けた連携について基本合意書を締結した。東京大学が8月31日に発表した。

 2022年11月、東京大学の総長である藤井輝夫氏とMicrosoftで最高経営責任者(CEO)を務めるSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏は面談し、GXやD&Iの推進について意見を交換した。その後も両者の協力関係構築について継続的に協議し、基本合意書の締結に至ったという。両者はGX、D&I、AI研究の取り組みを推進する。

 GXでは、Microsoftのテクノロジーを活用し、東京大学の温室効果ガス排出ゼロに向けた取り組みを推進する。GXの本質を理解し、その達成に向けて活動する「GX人材」も育成する。

 D&Iでは、同大学が2022年6月に策定した「東京大学 ダイバーシティ&インクルージョン宣言」を加速させる。

 AI研究では、従来のコンピューターサイエンス分野におけるAI研究に加え、さまざまな分野においてAIの効果的な適用や課題に関する議論と研究を推進する。

 Microsoftでワールドワイド パブリックセクター担当 コーポレート バイスプレジデントを務めるAngela Heise(アンジー・ハイセ)氏は「東京大学と当社は長い間連携してきたが、今回の戦略的提携を契機に、パートナーシップを強化する。われわれのテクノロジーを活用し、社会への貢献と未来を担う次世代の学生の育成を支援する」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]