「curl」ユーティリティーに深刻な脆弱性--パッチは公開済み

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-10-12 12:32

 「curl」ユーティリティーは、その開発者らによると200億ものシーンで使用されているという。しかし今回、深刻な問題につながりかねない脆弱性の存在が明らかになった。

青い渦巻きのようなイメージ
提供:Weiquan Lin/Getty Images

 「CVE-2023-38545」という共通脆弱性識別子が割り当てられたこの脆弱性はどれほど深刻なのだろうか。curlのリード開発者であるDaniel Stenberg氏は「curlの長い歴史の中で最悪とも言えるセキュリティ上の問題だ」と自身のブログに記している。セキュリティ専門家らもStenberg氏に同意している。

 具体的に説明すると、このセキュリティホールは「SOCKS5」というプロトコルを使用する際に悪用可能になる。SOCKS5は比較的シンプルなプロトコルであり、専用の「プロキシ」(仲介者)を介するネットワーク通信で用いられるものだ。これは「Tor」(匿名での通信を可能にしたり、組織や企業内からプライベートなかたちでインターネットにアクセスしたりするために用いられるオープンソースソフトウェア)経由での通信を行う際に用いられている。また、「NordVPN」や、「Private Internet Access」「Hide.me」といった一部のVPN(仮想プライベートネットワーク)でも、インターネット上のコンテンツブロック機能をう回したり、匿名性を保証したりするために用いられている。

 CVE-2023-38545はメモリーヒープオーバーフローの脆弱性だ。この脆弱性が悪用された場合、遠隔地からのコード実行(RCE)が引き起こされる恐れがある。また、この脆弱性を悪用した攻撃方法を示す概念実証(PoC)コードも既に存在している。

 この脆弱性は2020年2月に作り込まれてしまったものであり、「libcurl」のバージョン7.69.0〜8.3.0に存在している。

 curlがさまざまなOSやアプリケーション、IoTデバイスで幅広く用いられているという事実を考えた場合、Stenberg氏がこの問題を早期に報告したのは賢明な戦略的判断だったと言えるだろう。これにより組織は、自らのシステムを監査し、curlとlibcurlの使用状況を洗い出し、組織全体でのパッチ適用に向けた包括的な計画を策定するための十分な時間を捻出できた。

 また、curl開発プロジェクトの行動はそれだけにとどまらなかった。同脆弱性に関する情報はさまざまなLinuxやUNIX、そしてUNIXライクなディストリビューションの開発者らにも同時に共有された。こうした協業型のアプローチにより、curlのバージョン8.4.0が公式にリリースされる前に、パッチとアップデート済みパッケージの準備を確実に整えることができた。

 筆者もcurl開発プロジェクトと同様、curl/libcurlをバージョン8.4.0にアップデートするか、旧バージョンにパッチを適用することで、こうした脆弱性に起因するリスクを緩和するようユーザーに強く推奨する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]