弥生、新ブランド「弥生Next」を発表--サービス同士をつなげ、経営や業務を円滑化

ZDNET Japan Staff

2023-10-13 11:27

 弥生は、サービス同士がシームレスにつながり、経営や業務が円滑に進む未来を目指す新ブランドとして「弥生Next」を発表した。

 弥生Nextは「つながる、はじまる、もっといい未来」をコンセプトに、「社内外のバックオフィス業務がゼロになる」「会社の状況が分かる」「経営の意思決定ができるパートナーへ」といった価値を提供するプラットフォームを目指している。

 「会計」「商取引」「給与労務」の提供領域を起点に、周辺のサービスやネットワークとの連携や金融機関とのデータ連携などを通じて領域を広げていくという。また、同社が保持するビッグデータを背景に、これまでの業務効率化の支援にとどまらない人工知能(AI)による分析や同業他社との比較を通じた事業者の業績向上につながるサービスまで視野に入れた進化を目指す。

 新ブランドの第1弾として、「弥生給与 Next」と「やよいの給与明細 Next」が発表された。クラウドサービスとして10月20日から提供を開始する。今後は会計領域と商取引領域のプロダクトや、周辺サービス連携についても順次拡充する予定。

弥生Nextの提供領域(出典:弥生)
弥生Nextの提供領域(出典:弥生)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]