米沢市、レノボのHCI製品を導入--サーバー運用の効率化とコスト削減を実現

ZDNET Japan Staff

2023-12-27 11:46

 山形県米沢市は、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品「Lenovo ThinkAgile HX」をネットワークシステムに導入した。コストを最小限に抑えた効率的なサーバー運用を実現している。レノボ・エンタープライズ・ソリューションズが12月27日に発表した。

 米沢市は、長年にわたってシステムごとに個別にサーバーを導入していた。その結果、異なる時期に異なるベンダーから導入したサーバーが数多く並立しており、全体で見るとサーバーの導入コストが増大し、システムごとに個別にサーバーを運用するための手間も掛かっていた。さらに、バックアップ運用の遅れや災害復旧(DR)対策への不安、ITへの過剰/過少投資など、さまざまな課題を抱えていた。

 自治体のネットワークサーバーが更新時期を迎えたことから、米沢市はLenovo ThinkAgile HXの導入を決定。運用していた複数のサーバーを共通基盤上に集約し、必要なリソースのみで小規模に運用を開始した。これにより、拡張性と安全性が高い仮想基盤の構築が実現し、導入コストの削減やシステム運用の効率化など、課題の解決が可能となった。

 レノボは、ネットワークシステムの移行を全面的にサポート。Lenovo ThinkAgile HXのキッティングやエージング作業を行うNEC PC米沢事業所と連携した工場見学のほか、バックアップ運用や事業継続計画(BCP)の観点からDR対策の提案・導入をサポートするなど、同市が安心してシステム運用ができる環境を整えた。

 米沢市は今後、山形県セキュリティクラウド用システム全般や教育校務系システム全般、その他の官公庁内部システムなど、適用範囲を拡大させていく計画だ。

画像1

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]