NEC、生成AIを用いたマーケティング施策立案技術を開発--ENEOSが先行利用

ZDNET Japan Staff

2024-03-25 12:20

 NECが生成AIを用いたマーケティング施策立案技術を開発し、ENEOSが新サービスの検討で先行利用したことを明らかにした。NECはこの技術の提供を2024年内に開始するという。

 NECによると、今回の技術は、顧客の趣味や好みの可視化、施策の立案、施策に対する顧客の反応予測を自動で行う世界初の技術(同社調べ)だという。ENEOSが展開を目指す次世代サービスステーションでの「新サービスの施策立案」で先行利用され、実験店舗のサービス検討に際し、地域住民の潜在ニーズの把握、より収益に貢献できるサービス、特色あるサービス候補の洗い出しなどに活用されたとのこと。同社が開発した新技術のポイントは、以下の3つとなっている。

AIによる施策立案と顧客の反応率のシミュレーションにより、効果の高い施策のみを実行可能

 同社の生成AI、消費者属性拡張技術、知見発見や施策立案に関する技術と、統計化されたクレジットカード決済情報などの購買データを活用し、特定の地域や店舗の想定顧客に対して趣味、好みを付与し、潜在ニーズを特定するとともに、最適な施策を立案。また、それらの施策案に対する顧客の反応率をシミュレーションでき、期待される効果を施策の実行前に確認し、費用対効果の高い施策案のみを実行できる。

生成AIの大規模言語モデルにより、自然言語で繰り返し分析が可能

 大規模言語モデルを活用することで、利用者が自然言語でインタラクティブに施策案の生成や反応率のシミュレーションを実行できる。また、プロンプトを入力すると、施策の立案と反応率のシミュレーション結果が数分で出力され、分析作業を手軽に繰り返し行える。

オープンデータの活用で、データを持たない企業でも分析可能

 同社のAI技術によって関連性の高いインターネット上のオープンデータを収集、活用できる。自社でデータを持たなくても網羅的かつ合理的な分析が行える(自社保有データも活用可能)。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]