編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

M2Mとは?

Machine to Machineの略で、モノとモノがインターネットでつながることを意味する。インターネットのつながりについて、従来は人と人、人とモノという連携が多かったが、今後はモノとモノのつながりが飛躍的に多くなると言われる。公共建築物の老朽化を建築物から送られるセンサデータで常時把握したり、自動車を1つのデバイスと捉え、そこから送られるデータを渋滞緩和や天気予報、マーケティングでデータとして生かすなどの取り組みが想定されている。モノのインターネット、Internet of Things、Internet of Everythingなどと呼ばれることもあり、ITの利用範囲をあらゆる業種や場面に広げる考え方として注目されている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]