課題解決のためのUI/UX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

記事一覧

  • 多様性への対応--課題解決のためのUI/UX

    ユーザーインタフェース(UI)を設計したり、ユーザーエクスペリエンス(UX)を考察したりするには、多種多様なユーザーの感覚・認識や動作のパターンを想像・推察する必要がある。ユーザーはそれぞれ持っている知識も違えば馴れているものも違うだろうし、体格や身体能力、感覚能力、認知能力なども違う。国をまたがるレベルや地域、属性、個人レベルでの文化の違いなどもある。

  • パスワード&認証--課題解決のためのUI/UX

    みなさんはいったいいくつの「パスワードによる認証」が必要なシステムやサービスを使っているだろうか。そしてそのうちいくつが「パスワードの定期的な変更」を要求してくるだろうか。

  • モチベーションを考える--課題解決のためのUI/UX

    ユーザーがデバイスやシステム、アプリケーションを通して何かのタスクを行うときに、ユーザーとシステムなどの間を取り持つのがUIであり、それらを使うことによって受ける感覚などがUXである。

  • 情報デザイン--UI/UXを考える上で不可欠なポイント

    よく考えて設計されていないユーザインタフェース (UI) は、ユーザの意図せぬ動作・ミス・勘違いを引き起こしたり、意図通りの操作をしたり必要な情報を読み取ったりするのに余計な手間を掛けさせる。

  • 反面教師としてのダークパターン--課題解決のためのUI/UX

    よく考えて設計されていないユーザインタフェース (UI) は、ユーザの意図せぬ動作・ミス・勘違いを引き起こしたり、意図通りの操作をしたり必要な情報を読み取ったりするのに余計な手間を掛けさせる。

  • 人工知能とUXの関係--AIが人間を超えたらどうなる

    ディープラーニングを始めとする、機械学習などの人工知能 (AI) 関連の技術のこの数年の発展はめざましく、現在も毎日のように新たな成果や応用が登場している。

  • 「写メ、iPhone」はなぜ広まった?--写真とカメラのUI/UXを振り返る

    以前、技術の発達に伴い人の関わり方が大きく変わったものとして音楽をとりあげ、音楽プレーヤーの進化とそれによるUXの変化などを論じた。同様にその最初の発明から技術の進歩により使われ方などが大きく変わってきたものとして、写真がある。

  • 何度でも振り返るべき、UI/UXの本質

    この連載ではさまざまな事例をUIやUXの観点から考察しているが、今回は、UIやUXの基本に立ち返ってみたい。

  • IoTとしてのスマートハウス--Amazon AlexaのUXを分析する

    コンピュータが小型化され、さまざまな機器や道具に組み込まれることにより、それらの機器・道具が「賢く(スマートに)」なっていった。個々の機器も賢くなるし、機器同士が連携すると全体としてスマートになっていく。われわれの暮らす「家」もそうしてスマートになりつつあるものの一つである。

  • Amazon Dash Buttonはなぜ一気に広まったのか--UXを分析

    2016年末に日本に上陸したAmazon Dash Buttonは大きな話題となった。「ボタンを押すことにより特定のものを買う(発注する)」だけのハードウェアデバイスというのは、それを「あり」にするビジネスモデルという観点で興味深いし、IoTデバイスにまつわるUXという観点からも興味深い。

  • 「ナビゲーション」から考えるUI/UX--適切な情報デザインとは何か

    「課題解決やタスク実行に伴うUXを考えてからシステムや仕組みを設計する」事例をUXやUIの視点から考察し、読者が必要とする課題解決のための考察につなげていただきたい。今回はナビゲーションだ。

  • 「デザインされた情報」の塊--地図から検討するUX

    地図や案内図、それらに描かれるアイコンやピクトグラムなどをUXやUIの視点から考察し、読者が必要とする課題解決のための考察につなげていただきたい。

PR

Special

企画特集一覧へ

PRSpecial

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]