課題解決のためのUI/UX

Amazon Dash Buttonはなぜ一気に広まったのか--UXを分析

綾塚祐二 2017年03月03日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年末に日本に上陸したAmazon Dash Buttonは大きな話題となった。「ボタンを押すことにより特定のものを買う(発注する)」だけのハードウェアデバイスというのは、それを「あり」にするビジネスモデルという観点で興味深いし、IoTデバイスにまつわるUXという観点からも興味深い。そしてもちろん、「買い物」にまつわるUXという観点からもとても興味深い。今回は、Amazon Dash Buttonをキーにして日用品などの買い物にまつわるUXを考えたい。

「買い物」という行動の細分化

 UXを考えるために、まずは「買い物」という行動がどういう要素から成り立つかを考える。「買いたい物・買うべき物」が生じてから「それが手元にくる」までのステップを思い浮かべていただきたい。店舗で買う、ネット上のECサイトで買うなどいろいろなパターンがあるが、おおよそ共通する要素を時系列で並べてみてほしい。たとえば、こんな感じになるであろう。

  1. 買いたいものが生じる
  2. 買うための場所もしくはウェブページに行く
  3. 買うものを探す・選ぶ
  4. 代金を払う、もしくは方法を指定する
  5. 買ったものを引取る

 特に目的なく、あるいは別の目的で店に行き、その場で見つけた何か買いたくなるといった場合は2、3 が(ほぼ)飛ぶことになるが、今回はそのパターンは置いておくとして、これらの項目を順番に見ていく。


Amazon Dash Button

買いたいものにたどりつく

 まず、1.であるが、日用的な消耗品であれば、なくなった、もしくはなくなりそうだということに気が付いた時点で、買う必要が生じる。それ以外の場合も千差万別のパターンはあろうが、何らかのきっかけで買う必要やモチベーションが生じる。このとき、「買いたいもの」がどの程度具体的か、重要度・緊急度がどれくらいかはさまざまである。

 買いたいものを買うためには、(物理的な)実店舗にせよECサイトにせよ、それが「買える場所」を訪れる必要がある(2)。物理的な店舗の場合は(多くの場合)営業時間が限られるし、移動の物理的コストも掛かるので、行ける機会が限られる。そのため、買いたいものが生じてからの時間が空きやすく、実際に買える店舗やその近くに来たにも関わらず買うことを忘れる、という事態も起こりやすい。

 場所を訪れたら、買いたいものを探し、選択肢がある場合にはそれらを比較し買うものを選ぶ(3)。自分で探す場合もあれば、店員に訊いたり、あるいは自分で検索したりして買いたいものにたどりつく場合もある。よく買う場所でよく買うものを、ということであればすぐにたどりつけるであろうが、めったに買わないものや馴れない店などであれば、迷ってなかなかたどりつけないこともある。

 実店舗であれば売り場の動線の設計、細かなレイアウトなどがこのたどりつきやすさに直結する。ECサイトでも、分類の仕方や検索のしやすさなどが重要なのは言うまでもない。

 そして、目的の買いたいものがその店になければ、諦めるか、他の店に行くことになるが、「ない」ということが判るまでにどれくらい手間や時間が掛かるかも、UX的にはとても重要である。ECサイトの場合でも在庫確認のしやすさや精度にはばらつきがあり、利用しやすさに影響する。

 在庫がない場合には登録しておけば次回入荷時に教えてくれる、といったサービスもある。買いたいものをチャンスが有るときに買い逃がさないですむ、というのも、よいUXをもたらす要素である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化