課題解決のためのUI/UX

「写メ、iPhone」はなぜ広まった?--写真とカメラのUI/UXを振り返る

綾塚祐二 2017年08月17日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 以前、技術の発達に伴い人の関わり方が大きく変わったものとして音楽を取り上げ、音楽プレーヤーの進化とそれによるUX(ユーザー体験)の変化などを論じた。同様にその最初の発明から技術の進歩により使われ方などが大きく変わってきたものとして、写真がある。

 音楽プレーヤーの場合は「用意されたコンテンツを鑑賞する」という受動的な側面を主に取り扱ったが、写真の場合は「個々のユーザーが撮影する、される」ということが重要になる。

 そして、自分で記録したものをどう扱うか、ということにも多様性が出て来る。以下、まずは歴史をさかのぼったところから見ていく。

写真技術の黎明期


ピンホールカメラの原理

 人間が普段見ているのと同じような光の像を壁や擦りガラスに映す、いわゆるピンホールカメラの原理を用いた装置が作られたのが写真技術の源流である。その装置は「カメラ・オブスキュラ」(暗い部屋、の意)と呼ばれ、これが「カメラ」という言葉の語源になった。

 初期はその像の記録をできず、人が像をトレースする、という絵画のための補助としての使われ方をした。

 19世紀になって、「当てられた光の明るさを記録する」という技術を組み合わせることで初めての「写真」が撮影された。

 最初の撮影は明るい日中の屋外で8時間かかる、というものであったが、ほどなく改良され、数十分、そして数秒程度へと進歩していった。


「カメラ・オブスキュラ」(暗い部屋、の意)

 欧州では、画家に肖像画を描いてもらうことの置き換えとして「肖像写真」を撮ることが普及したらしい。

 最初の写真は複製を作りづらい形のものであったが、改良のために開発されたさまざまな技術のひとつに記録時に像の濃淡が反転するものがあり、それを使ってもう一度他にその像を写すことでひとつの記録原版(ネガ)から多数の写真を複製できる、というものが現れた。これは言うまでもなく写真の用途に大きな広がりをもたらした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算