編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アパッチ財団、オープンソースデータベース「Derby」の第1版をリリース

Martin LaMonica (CNET News.com)

2005-08-05 12:39

 Apache Foundationは、Sun Microsystemsがサポートを表明したオープンソースデータベース「Derby」の第1版をリリースした。

 ApacheのDerbyは、IBMが同団体に昨年提供したJavaデータベースである。同プロジェクトは7月末、「実験」段階を終了し、Apacheのデータベースプロジェクトに組み入れられた。

 IBMと競合するSunもまた、Derbyに対するサポートを表明している。Sunは、自社のスタッフを派遣してApacheの同プロジェクトを実際に支援し、SunのJavaソフトウェア製品にもこのデータベースをバンドルしていく意向だと述べている。

 Sunは、同社がDerbyプロジェクトに「献身的な作業支援スタッフ」を派遣すると決めたことで、同プロジェクトの実験段階終了が早まったとしている。任意のソフトウェア製品がApacheの公式プロジェクトとして認められるためには、1社以上のベンダーが同製品に関心を持っていることが証明されなければならない。

 Sunは、同社のJavaアプリケーションサーバならびにポータルサーバ、および同社が提供するオープンソースの「NetBeans」Java開発ツールにDerbyを搭載し、データベースとして利用する予定だと話している。

 Derbyは、多機能なリレーショナルデータベースとしてよりはむしろ、ほかのJavaソフトウェア製品に組み込まれて利用されるように設計されている。

 IBMはすでに、Derbyの商用版「Cloudscape」を提供している。また同社は、ApacheのJavaアプリケーションサーバGeronimoにDerbyをバンドルして提供していた、GlueCodeも取得している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]