編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ISE、Ajax技術を採用したウェブメールを開発

田中好伸(編集部)

2005-08-24 15:49

 システム開発のアイエスイー(ISE)は8月24日、Ajax(Asynchronous JavaScript and XML)技術を採用したウェブメール「メールフレックス」を開発したことを発表した。

 ISEは2001年から、ウェブ・アプリケーションの操作性を高めるためにJavaScriptとDynamic HTMLをベースにしたユーザー・インターフェース・コンポーネント「ブラウザー・ウィジェット・ツールキット」(BWT)を開発している。この4月からBWTをAjaxに対応させるよう取り組んでいた。

 対応するブラウザは、InternetExplorer 6.0以上、Mozilla、Firefox。Firefoxであれば、LinuxでもMac OSでもメールフレックスを使える。送受信できるメールアドレスは「mail-flex.com」に限定される。

 メールフレックスはベータ版が公開され、モニター会員による運用テストの段階。10月中旬にも商用サービスを始める方針だ。サービス内容の詳細は検討中だが、1人当たり月額300円で、メールボックス容量は1人当たり100MBになるとしている。法人に対してもサービスは提供する方針であり、現在意見を募集しているところだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]