編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

SPSS、生産性とパフォーマンスを向上した「Clementine10」を発表

CNET Japan 編集部

2006-07-13 15:16

 エス・ピー・エス・エス(SPSS)は7月12日、統合型マイニングプラットフォームの新バージョン「Clementine10」の出荷を7月26日より開始すると発表した。

 新バージョンでは、異常値検出アルゴリズムの強化などによる高い生産性の実現、マルチコアCPUへの対応によるパフォーマンスの向上が図られた。また、EFM(Enterprise Feedback Management)に対応した統合パッケージ「Dimensions」のデータが活用できる統合機能が強化されている。内部統制の支援機能を持つ「SPSS Predictive Enterprise Services」との統合も可能だ。またサーバ側の対応OSとして、従来からのWindows、UNIX系OSに加え、新たにRed Hat Linuxが加わる。

 価格は、クライアント/サーバ(1CPU、1クライアント)の最小構成が945万円より。初年度で、200ユーザーへの販売を目指すという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]