編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

FTF Japan 2006開催--コンバージド・プラットフォームの可能性を具現化したフリースケール - (page 2)

山下竜大(編集部)

2006-09-14 06:09

 具体的には、フリースケールは同日、IEEE802.15.4準拠2.4GHz RFトランシーバMC13192が、シャープのワイヤレスカメラシステム「リビングドアスコープ」に採用されていることを発表。同製品を基調講演のデモと展示会場で紹介した。

ホームセキュリティのデモ 基調講演では、シャープの「リビングドアスコープ」と旭硝子の「センサー付き防犯ガラス」がデモで紹介された。

 リビングドアスコープは、モニタ卓上型の「HN-D100」とモニタ壁掛け型の「HN-D150」の2つの製品が提供されているシャープのホームセキュリティ製品。玄関のドアスコープにカメラを取り付け、映像を無線通信で専用カラーモニタへ送信することで、部屋から訪問者を確認することができる。

 フリースケールはまた、同じくRFトランシーバが旭硝子が2007年はじめに製品化を目指している「センサー付き防犯ガラス」に採用されたことも発表している。

 センサー付き防犯ガラスは、ガラスの破壊を検知し、異常を省電力の無線通信でコントローラ(親機)に報知する防犯ガラス。破壊の検知は、誤動作の少ない抵抗破断検知方式を採用している。

 高橋氏は、「センサー付き防犯ガラスは、RFトランシーバを採用することで、ボールが当たるなどの振動では警報が作動せず、ガラスが割られたときにだけ作動する仕組みを実現することに貢献している」と話している。

 両製品は、省電力の無線通信を実現する次世代無線ネットワークの国際規格プロトコルであるZigBee技術を搭載したRFトランシーバを採用することで無線通信を容易に実現。設置のための専用工事や配線を不要にし、電池の長寿命化を可能にしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]