編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Oracle OpenWorld開幕--秋晴れのサンフランシスコに「アンブレラ戦略」を広げたオラクル

山下竜大(編集部)

2006-10-23 21:05

 Oracle Corporationは10月22日、雲ひとつなく晴れ渡ったカリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターにおいて、同社のユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld 2006 San Francisco(OOW 2006)」を開幕した。同カンファレンスは、10月26日まで開催されている。

 今年のOOW 2006は、すべてにおいて桁違いの大きさ。モスコーニセンターの北館、南館、そして西館のすべてを使用するほか、周辺のホテルにもセミナー会場を展開。1625のセミナーに、過去最大の4万1000名のユーザーやパートナーが来場する予定だ。

モスコーニセンター OOW 2006では、普段は自動車が走るモスコーニセンター北館と南館の間のハワードストリートを通行止めにし、テントを設営してパーティー会場を作り上げた。

 圧巻なのは、普段は自動車が走る北館と南館の間のハワードストリートを通行止めにし、テントを設営してパーティー会場を作り上げていること……。OOW 2006開催に伴い同社は、サンフランシスコ市に日本円で80億円を寄付したという。

 さらに、お隣の街であるオークランドに本拠を置くNBAチーム「ゴールデン ステート ウォーリアーズ」のホームスタジアム「オークランドスタジアム」の命名権を取得。「オラクルスタジアム」に変更したことも明らかにした。

Jason Richardson ウォーリアーズのスター選手であるJason Richardson選手がステージに登場。Oracle社長のCharles Phillips氏にゼッケン「1」番のジャージを手渡した。

 日曜日夕方に開催されたオープニングのステージには、ウォーリアーズのスター選手であるJason Richardson選手がステージに登場。Oracle社長のCharles Phillips氏に、ネーム部分に“Oracle”とプリントされたゼッケン「1」番のジャージを手渡した。

Oracleを完璧にするアンブレラ戦略

 2003年にウォール街の金融アナリストからOracle社長に就任して3年目を迎えるPhillips氏は、「25万7000を超える我々の顧客に、まずは“ありがとう”と言いたい」と講演をスタート。2006年度(2005年6月1日〜2006年5月31日)に148億ドルを売り上げている同社だが、さらなる成長に向けた戦略を発表した。

 同氏が発表したOOW 2006における最大のテーマは、データベース、Fusion Middleware、Information Age Applicationという同社の主要な3つの分野において、より「完璧(Complete)」で「オープン」な「The Information Company」になることだ。そのための戦略をPhillips氏は、「アンブレラ(傘)戦略」と呼んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]