Oracle OpenWorld開幕--秋晴れのサンフランシスコに「アンブレラ戦略」を広げたオラクル - (page 2)

山下竜大(編集部)

2006-10-23 21:05

 アンブレラ戦略は、傘が「柄」「骨」、そして「傘布」で構成されているように、柄の部分となるデータベースを中核に、ミドルウェアを骨のように広げ、そこに傘布としてのアプリケーションを広げていくことで、Oracleの製品スタックを完璧にしていくというもの。3つの分野の製品を強化、拡張していくのはもちろん、3つの分野に足りない機能を企業の買収により埋めていくことが重要になる。

 特に、アプリケーション分野の強化には、多くの労力を費やしており、Phillips氏就任から1年半をかけたPeopleSoftの買収以降、SiebelやRetekなどのアプリケーションベンダーを中心に、すでに25社を買収している。

Charles Phillips氏 「インフラからアプリケーションまでサポートできないベンダーは生き残れない」と、Oracle社長のCharles Phillips氏。

 「(アンブレラ戦略では)自社製品を拡張していくのはもちろん、買収した技術を自社の技術スタックに組み込んでいくことで足りない機能を補っていく。技術スタックは、アプリケーションがあるから効果的になり、アプリケーションは技術スタックがあるからより良好になる。お互いに良い面を引き出しながら進化を続けていくことができる」(Phillips氏)

 また、買収した技術を、ただ新しいものに進化させていくだけではなく、既存の製品についてもバージョンアップを続けていく。Phillips氏は、「ビジネスが変化していくのにアプリケーションが対応できないのは不幸なことだ。我々は、ユーザーの痛みを解消する手だても考えている」と話す。

 Oracleでは2006年6月に、Application Unlimitedと呼ばれる取り組みを発表しており、Oracle E-Business Suiteはもちろん、PeopleSoft、JD Edwards、Siebelなど、すべての製品について次期バージョンをリリースし、その後もユーザーの要望があれば無制限にサポートしていくことを約束している。

 このような戦略を推進していく背景にあるのは、ニッチベンダーからの脱却という考えだ。Phillips氏は、「今後は、インフラからアプリケーションまでサポートできないベンダーは生き残れないだろう。IBMはテクノロジは持っているがアプリケーションを持っていない。SAPはアプリケーションは持っているがデータベースを持っていない。我々は、最も良いポジションにいる」と講演を締めくくった。

 データベース、ミドルウェア、アプリケーションのそれぞれの分野における詳しい戦略については、明日以降のカンファレンスで明らかにされる予定だ。

OOW会場 約7000人が収容できるOOW 2006のキーノート会場は、人、人、人で埋め尽くされた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]