編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

オズウェブテクノロジー、ウェブアプリ用開発ツール「OZ X-Studio」

WebBCN (BCN)

2006-11-02 10:53

 オズウェブテクノロジー(中野隆志社長)は、「OZ X-Studio」を発売したと発表した。

 「OZ X-Studio」は、ウェブレポート開発を行う「OZ Report」とアプリケーション開発を行う「OZ Application」で構成。「OZ Report」は、表現が難しい複雑なウェブレポート開発や生産性の高いウェブアプリケーションの開発ができる。価格はサーバーライセンスで200万円から、年間保守料金はサーバーライセンスの15%。

 「OZ X-Studio」は、データベースやレガシーシステムなどが持つ独自のデータファイルから必要なデータを抽出し、図表や帳票、グラフに配置した上で、画面に表示・印刷できる。また、データをPDFやExcelなどのデータフォーマットへの出力にも対応する。

 図表やグラフはコンポーネントになっており、複雑なレポートを作成する際にもコーディングがほぼ不要。さらに、サーバーからインターネットに送りこまれるデータは、OZフォーマットに変換。

 データは圧縮と暗号化された状態で、PC端末のメモリに書き込まれるため、安全性の高いデータ伝送ができる。OZを終了時にPC端末のメモリにあるデータは消去されるのでデータ漏えいのリスクも抑えられる。

 オズウェブではPC端末で必要なビューワーは無償提供する。また、開発者用のツール「OZ Application Designer・OZ Report Designer・OZ Query Designer」を同社のホームページからダウンロードできるようにした。

オズウェブテクノロジー=http://www.ozwebtech.com/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]