編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

第1回:まずはSolaris 10をインストール!--Solaris 10で行こう! - (page 5)

福田昌弘

2006-11-16 17:48

 無事ログインできたら、セキュリティやドライバに関する最新パッチをまず適用しよう。Solaris 10では、Sun Update Managerを使うことで、最新のパッチを無償で手に入れることができる。Sun Update Managerは、[起動]をクリックして[アプリケーション]、[ユーティリティ]の順にポイントし[Update Manager]をクリックすることで起動できる。

Solaris 10導入(その12) Sun Update Manager。

 ちなみに、Solaris 10には、Solaris Service Planという有償の保守サービスもある。Solaris Service Planでは、Sun Update Managerで手にできるセキュリティパッチやドライバパッチ以外のすべてのパッチ、電話サポートなどを受け取ることができる。

 最新パッチを適用し終えたら、通常Solaris 10を使用するユーザーを作成する。これは、いつまでもrootで作業し続けることが、不測の大きな事故の元になるためだ。利用ユーザーは、Solaris管理コンソールを使うことで作成できる。

 まず、[起動][アプリケーションの実行]を順にクリックする。そして、[アプリケーションの実行]ウィンドウで“/usr/sadm/bin/smc”と指定して[実行]ボタンをクリックすることで、Solaris管理コンソールを起動できる。

Solaris 10導入(その13) Solaris管理コンソール。

 Solaris管理コンソールでは、[ナビゲーション]に表示されている階層を[このコンピュータ][システムの構成][ユーザー][ユーザーアカウント]の順に展開していく。そして、[アクション]メニューの[ユーザーを追加]メニューコマンドを使って利用ユーザーを追加する。

 ここまでの作業を終えたら、[起動][rootをログアウト]を順にクリックしてユーザーrootとしてのセッションをログアウトする。

 いかがだっただろうか。UNIX系OSとは言っても意外とインストール作業は簡単なんだという印象を持たれたのではないだろうか。次回からは、新たに作成したユーザー“Ziddy”でSolaris 10を使い込んでいく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]