編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

ミントウェーブ、B5ノートのシンクライアントを出荷--Linuxベースの専用OS搭載

CNET Japan Staff

2006-11-18 02:18

 ミントウェーブは11月16日、本体重量約980gで、Linuxベースのシンクライアント専用OS「Basilware(バジルウェア)」を搭載したモバイル用B5ノートサイズのシンクライアント端末「Basilnote-UL」の出荷を同日から開始すると発表した。価格はオープン。初年度1万台の販売を目指す。

 本体ハードウェアは、NEC製の「VersaPro UltraLite」をカスタマイズ(ハードディスクの代わりにコンパクトフラッシュを搭載)したもの。マイクロソフトのターミナルサービス、シトリックス・システムズの「Citrix Presentation Server」、GraphOnの「GO-Global」環境で使用できる。

 同機は、PXEやNFSを利用したネットワークブートに対応している。端末の機能追加は、ブートサーバ上のファイルの更新だけでいい。これにより、アップデートにかかる管理コストを削減できる。

 また、ミントウェーブのリモート管理ツール「MiNT View」に対応している。MiNT Viewで管理することで、センター側からリモートで端末の電源制御、設定初期化、ファームウェアのアップグレードなどを一斉に実行できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]