編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本ユニシス、メインフレーム「CS680L」販売開始--デュアルコア搭載ASIC採用

CNET Japan Staff

2006-12-01 18:06

 日本ユニシスは11月30日、WindowsやLinuxなど複数の異なるオペレーティングシステム(OS)を同時に並行して処理できるCMP2(Cellular Multi-Processing2)アーキテクチャを採用したメインフレーム「Unisys ClearPath Plus Server CS680L」シリーズの販売を同日より開始すると発表した。

 CS680Lシリーズは、米Unisysメインフレーム専用OSである「MCP」環境で稼働する大型機「CS585L」シリーズの後継機に位置付けられる。デュアルコア・プロセッサ搭載ASICを採用し、単一プロセッサ当たりの処理性能を前機種より30%向上させたという。

 新製品の出荷にあたり日本ユニシスは、標準で提供される基本ソフトウェア群「IOE(Integrated Operating Environment)」に、これまでオプションとして提供していたセキュリティ機能を追加する。

 ハードウェア、ソフトウェア、保守料金を含む最小構成価格(税別)は、月額1050万円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]