編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

大塚商会、ウイングのデータ活用ツール「Dr.Sum Standard」を販売

ニューズフロント

2006-12-04 21:56

 大塚商会とウイングアーク テクノロジーズは12月4日、ウイングアーク製デー タ活用ツール「Dr.Sum Standard」の販売に関する業務提携を発表した。大塚商会が 同ツールをライセンス販売するほか、保守・トレーニングを提供する。

 Dr.Sum Standardは、各種データを集計・分析するための中小企業および企業内 部門向けソフト。大規模データ向けの「Dr.Sum EAシリーズ」も用意している。2001 年5月の発売から2006年5月までのあいだに、Dr.Sum製品シリーズ全体で1300社、1900 本の導入実績があるという。

 Dr.Sum Standardを利用すると、Microsoft Excelやウェブブラウザを利用し、 業務現場の担当者が直接、要件に合わせてデータを集計、分析できる。「手間をかけ ずに集計分析環境を構築することが可能で、データの有効活用によって業務効率の向 上を図る」(両社)

 大塚商会はウイングアークの一次代理店となり、Dr.Sum Standardを販売してい く。2006年12月よりトレーニングサービスを提供するほか、2006年12月以降の新規保 守契約はすべて大塚商会が販売する。初年度に50本の販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]