Windows Vistaへのアップグレードで失われる10の持ち味(と復活の呪文) - (page 5)

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有

2007-02-13 08:00

#6:Windows Messengerが消えた!

 XPではWindows Messengerがインストール済みだったが、Vistaでは違う。しかしスタートメニューには、Windows Live Messengerのダウンロードページへのリンクが用意されている。プログラムをダウンロードしてインストールすることを面倒に思う人々もいる(特に、プログラムのインストールを制限されている人々)だろうが、これは次のような理由から良いアイデアだといえるだろう。

  • 会社のポリシーでユーザーのオンラインチャットが禁止されている場合、ネットワーク管理者はそのポリシーを強制しやすくなる
  • OSをいつインストールしたかにかかわらず、必ず最新版のMessengerプログラムが入手できるようになる

#7:新しいセキュリティシステムはなぜいつも小うるさいのか?

 XPの特徴のうち、Vistaになって無くなったことが最も残念に思われているのは、おそらくその振る舞いの奥ゆかしさだろう。管理者としてログオンしている時にプログラムのインストールやその他の管理タスクを行おうとした場合、XPではその操作に対して疑問が投げかけられることはなかった。Vistaのセキュリティはより積極的で、管理者に対してさえ、ユーザーアカウントコントロール(UAC)の「小うるさいダイアログボックス」(図G)を表示するようになっている。

図G:確認を求めるダイアログボックス。XPでのプログラムインストール時には表示されなかった

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]