包括的なBIソリューションを提供できるのはSASだけ--吉田社長が語るSASの強み - (page 2)

山下竜大(編集部)

2007-03-27 17:00

 U.S. Bankは、1300万顧客の取り引きをモニターし、資産運用ニーズの発生した顧客を自動で検知したり、1600万トランザクションから24時間以内にイベントの発生を検知し、セールスを実施できる仕組みを構築。1日あたり5000人の見込み顧客をリストアップし、従来見落としていた販売機会を確実にとらえる包括的なアプローチにより、年間500万ドルの収益向上を実現している。

 SASのEBMソリューションは、Barclays Group傘下の銀行やGE Capital UK、ABSA Bank、Wachoviaなどのグローバルな金融機関をはじめ、国内有力銀行なども数多く導入しているという。吉田氏は、「特に地域が限定されるため、より深い対応が求められる地銀では我々のEBMソリューションが有効になる」と話している。

 今後、さらに日本市場におけるビジネスを拡大していくために必要なポイントを吉田氏は、「パートナー企業との、より一層の連携」と話す。これまでSASは、直販を中心に行ってきたが、2007年2月27日に日本アイ・ビー・エム(日本IBM)およびIBMビジネスコンサルティング サービス(IBCS)と金融機関向けマーケティング事業で協業することを発表している。

 また、ワールドワイドでも2007年3月5日に、Accentureの提携を発表。販売、マーケティング、トレーニング、研究開発、さらに業界別/業務別プロセスの専門知識などの資産を活用することで、世界規模でBIソリューションを展開することを発表している。

 吉田氏は、「直販により顧客企業へのより深い対応が可能だが、戦略的なBIソリューションが実現できる環境が整ったことで、より迅速かつ広範な対応も必要になっている。こうした状況からパートナー戦略を強化し、パートナー企業と協力することで、BIソリューションを拡販していきたい。将来的には、直接販売と間接販売を半々にしたい」と話している。

SASの吉田社長 「戦略的なBIソリューションが実現できる環境が整った」と話すSASの吉田社長。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]