編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

xfyラプソディ--第2番:コンテンツデザイン(その1) - (page 4)

福田昌弘

2007-05-30 08:00

 要素を追加し終えたら、要素“root”の名称を“person”に変更した後、各要素の型などを指定する。要素で扱うデータの型、同一要素での複数データの扱い、デフォルト値などは、[プロパティ]ダイアログボックスで指示する。

 たとえば、要素“id”で扱うデータ型を整数を表すintegerとするときには、右ペインで要素“id”を選択した状態で[プロパティ]を呼び出し、[型]に“数値”と“integer”をそれぞれ指定する。

xfy02_08 [プロパティ]ダイアログボックス。各要素の型などを、このダイアログで指定する。(画像をクリックすると拡大表示します)

 同様の操作で、グループ“contact”に、配下の要素のうちのいずれか1つのみを扱うことを示す“Choiceグループ”と、複数のデータを扱うための“繰り返し”を指定する。これによって、連絡先としてメールアドレスか電話番号のいずれかを入力するとともに、連絡先を複数個指定することもできる。

 また、グループ“memo”に対しては、通常のテキストデータと要素の混在を許可する“混合内容”を指定した後に、注意事項を扱う属性“caution”を追加する。さらに、要素“phone”の属性“type”への値の指定を必須とする。これらの操作を終えることで、顧客データを扱うためのスキーマ“person”が完成する。

xfy02_09 完成した状態のスキーマ“person”。(画像をクリックすると拡大表示します)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]